欠陥住宅問題にお悩みの方に
欠陥住宅をつくらせない建築士・弁護士の任意団体 欠陥住宅神戸NET
topページへ欠陥住宅でお悩みの方に活動報告会の紹介相談案内お問い合わせリンク
 
欠陥住宅神戸NET 欠陥住宅問題相談
欠陥住宅問題に取り組む
             
 
欠陥住宅神戸NET


現在までに250件を超える相談を受け、対応してきました。

阪神淡路大震災で欠陥住宅ゆえ倒壊したとの事例もありそうですが、実際のところほとんどが震災後の新築住宅関係の事例です。

神戸NETでは、ご相談があった場合、まず現地に会員である1級建築士を派遣し現場を目視で調査すること(予備調査)から始めます。

この費用は原則として50,000円(税別)以内を目安としています(出動建築士の事務所からの往復時間が2時間を超える遠隔地の場合は、事前に建築士に費用を確かめてください)。

その後、建物の構造的な安全性に問題があるおそれが高い場合等は、本格的な建物調査(事前に必ず見積もりを提示し実施の有無を判断いただきます)を行い必要があれば弁護士が加わって交渉あるいは調停・訴訟へと進展することもあります。

定期的な活動としては、月に1回例会を開催し、訴訟や交渉が継続中の事例につき協議を行ったり、欠陥住宅問題対応のための勉強会を行っています。最近は、欠陥マンションに関する相談・協力依頼が多く、管理組合の意思形成手続も含めて研究すべき事柄が多くなっています。

神戸NETは活動開始以来、どちらかというと交渉・調停・訴訟等、事後の被害救済活動に力点を置いて活動してきました。

しかし、事後救済活動をすればするほど、欠陥住宅を造らせないためには市民の側も建築や契約の十分な知識を持つべきだとの認識が神戸NET内部でも思いを強くしています。

神戸NETとしても、これを支援するため、欠陥住宅被害に遭わないための法律・建築の総合講座開設の検討に着手しています。  2000年9月には、神戸NET所属建築士有志を中心に、『住宅インスペクター神戸NET』(住宅検査NT)を立ち上げ活動を開始しました。

住宅検査NETは、建物購入前の検査業務や施工監理業務等、欠陥住宅予防に向けた幅広い支援を行うため設立された建築士有志の団体です。

購入や注文の際に1級建築士のアドバイスを受けたい、若しくは建設工事の監理のみを別に依頼したいというご要望がありましたら、お気軽にご相談ください。

topページへ
欠陥住宅でお悩みの方に
活動報告
会の紹介
コラム
お問い合わせ
リンク集
相談カード



更新履歴

詳細

欠陥住宅神戸NET

〒657-0027
神戸市灘区永手町5-2-7
森竹法律事務所内
弁護士 中西大樹
TEL:078-959-5710
FAX:078-959-5711